FC2ブログ

東大寺 奈良南部災害復興祈念奉納阿波踊り

抜けるような秋晴れの下、奈良県の東大寺で開催された「奈良県南部災害復興祈念奉納阿波踊り」で踊ってきました。

さすが奈良だけあって、外国人観光客の方が多く、練習中も待機中もあちこちで国際的な感じの写真撮影会になってました。

南大門から大仏殿まで、参加の8連合同で流し踊り(パレード)。
大仏殿前では各連の構成踊りを披露。
楠公連は2番目。時間の都合でいつもより短い構成となりましたが、楽しく踊らせていただきました!





流し踊りの間じゅうずっと、鳴り物のYさんの頭の上にカマキリが乗ったままで大太鼓叩いてたとか、
深雪連さんの構成踊りの最中に舞台に鹿が乱入(!)したりとか、自然豊かな東大寺ならではの「椿事」も。
ちなみに鹿さんは、待機していた他の連の踊り手達の見事な連携プレーで無事に外へ誘導。
ごめんね、総踊りはもうちょっと後やからね〜♪

突然の鹿さんにも全く動じることなく踊りきった深雪連の皆さん、さすがでした!


踊った後は、須弥壇へ上がらせていただいて、大仏様を参拝。
その後は大仏殿前で記念撮影。
奈良に来るのは子供の頃の修学旅行以来という連員も多く、「こんな大きかったっけ…」と、久しぶりの大仏様を見上げていました。





今回の「奈良県南部災害復興祈念奉納阿波踊り」は、4年前の奈良県南部水害の復興支援として開催され、会場では募金活動も合わせて行われました。
少しでも、復興のお役に立てれば嬉しく思います。

楽しく有意義なイベントに呼んでくださった奈良徳島県人会と大仏連の皆様、そしてお世話になった東大寺の皆様、ありがとうございました。

(集合写真は大仏連様からいただきました。ありがとうございます!)

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。